思ってたよりすごい!オンラインゲーム初心者がFF14を始めた話

ゲーム

こんにちは。マーニャです。

ここのところ更新がご無沙汰になってしまいました。

知らない間に季節は春を迎え、だいぶ暖かくなりましたね。

それも、とあるゲームに熱中していたからなのですが…

マーニャ
マーニャ

ファイナルファンタジー14始めました!!!

ネットゲームといえば、スマホで軽く触ったきり。

勝手にこんなマイナスイメージを持っていました。

私が思っていたネットゲームのイメージ

・マルチ要素が強く、シナリオは薄味な気がする

・スマホアプリが多く、消音でプレイするため音楽に気がいかない

・怖い人に暴言吐かれるかも…

・フィールドを歩き回れるゲームってあるのかな…?

これを見事に払拭してくれた名作だったので、順番に説明していきますね。

読み応えのあるシナリオ・舞台背景

以前プレイしたオンラインゲームで、ちょっと残念な気持ちを味わったこの部分。

安心してください。大ボリュームです。

FF14には、現在4編の物語が実装されています。

その1つ1つがRPG1本分に相当するボリュームというから驚きです。

さらに、通常のRPGのようにNPC(ノンプレイヤーキャラクター。町などにいるプレイヤー以外の登場人物)のセリフもしっかりあります。

主人公が就くジョブ(槍術士とか)の背景や、旅する街の歴史や背景もしっかり語られてます。

これは、物語好きには嬉しいポイントですね!

辞書のようにぶ厚い「設定資料集」もあるので、ストーリーが終わったら読んでみたいものです。

サントラ必須な壮大な音楽

これも意外でした…!

民族楽器からオーケストラ楽器、ピアノ、コーラスまで、様々な楽器で演奏されるBGMもFF14の魅力です!

曲調も様々で、ロック、クラシック、ジャズなどを思わせる多彩な曲たちが物語を彩ります。

これもゲーム音楽の醍醐味だなぁと、私は勝手に思っています。

特に、第2編の「蒼天のイシュガルド(HEVENSWARD)」はフィールド曲の夜版にピアノが多く使われており、ピアノ弾きにはたまらなかったです…!

サントラCDのジャケットの見た目がごつめですが、見かけに騙されず聴いてみてほしい1枚です。

(Amazon Unlimitedをお使いの方は聴き放題です…!)

Amazon Unlimited で聴き放題を始める!

画面の向こうの人が身近に感じられるマルチプレイ

豊富なエモートアクション

FF14には、文字でのチャットの他、身振りや表情を相手に伝える機能があります。

他にも、ダンジョンの進め方にも個性が出るので、人間観察が好きな方はきっと面白いと思いますよ!(盾役の場合、敵を各個撃破する人がいたり、大量の敵を挑発して集める人がいたり…)

ジャンプで意思表示するのも、よくあるみたいです!

初心者も安心!ビギナーシステム

FF14の嬉しいところは、ビギナーシステム。

初めて間もない人は「ビギナー(初心者)」と呼ばれ、名前の横にかわいい若葉マークが付きます。

これで、「あっ、この人始めたてだね (^^)」と一目で分かりますね。

ストーリーを進めると、ダンジョンやボスに見知らぬ方々とチームを組んで戦わなければならないこともでてきますが…

こんな時も、

「初心者です!よろしくお願いします!」

とあいさつしておけば、優しい光の先輩方が優しく導いてくれます。

私も、若葉マークをつけた初心者なので、先輩方にたくさん助けてもらっています。

日々感謝。

たまに、びっくりする言動をする人もしますが…

そういうものみたいなので、怒られても気にしないでいきたいですね!

空も飛べちゃう!広大なフィールドを旅しよう

これも、私がFF14にはまることになった原因。

歩き回れるフィールドが広いんです…!

しかも、ある程度ストーリーが進むと乗り物で空が飛べちゃいます。

この行動範囲の広さは、私が信奉(?)しているゲームの1つ、ゼノブレイドクロス以来の感動でした。(空飛ぶロボットで未知の惑星を探検する作品です…!)

写真撮影用に、アイコンを全消しできる機能もあるのが嬉しいですね!(PCのScroll lockキー)

バシバシ絶景をスクショに収めていきましょう!

まとめ

実際にプレイして思ったFF14のすごさ

・1編につきRPG1本分はありそうな、大ボリュームのシナリオ

・様々なジャンルの雰囲気が味わえる、豪華な音楽

・他プレイヤーの温もりを身近に感じられる、豊富なエモート機能と初心者サポート

・空を飛べる広大なフィールド

FF14を始めて、1か月ちょいの若葉マークによる感想でした。

もし気になっている方は、無期限のフリートライアルでレベル60までプレイすることができるので、一度触ってみることをおすすめします!

必要な準備や資材については、またまとめることができたら、と思います。

コメント