ピックとラップハープ

ラップハープ


今日は、ピックの話。

他の奏者の方はどうやって弾いてるのか気になって調べてたら、ラップハープをピック使用で演奏している方を発見。

Zelda's Lullaby (plucked psaltery)
ゼルダの子守唄…!

そこで、ラップハープにピックを使うとどうなるかを検証してみました。

用意したピック

・jamesのフィンガーピック、サムピック 

・fred kellyのフィンガーピック、サムピック 

・Terry Gouldのピック(0.60mm)

都会の楽器店や、通販でゲット。

実際に持ってみるのが一番ですね。

ちなみに、サムピック というのは、親指につけるちょっと形の違うフィンガーピックのことらしいです。

聞き比べてみよう

まずは、指弾きから。

これと、各ピックを比べていきましょう。

①james一式

お値段は150円前後でお手頃。

硬めの音で、音量も鳴ります。

ただ、長めのピックなので指と爪との距離感がつかめず。

演奏時の違和感が強く、私は使いこなせませんでした…。

②fred kellyのフィンガーピック

他のピックとは異なり、かぶせるタイプで、爪の延長みたいな装着感。

お値段は600円前後と、高額。

sサイズを買いましたが、指が細い方なのか人差し指はぶかぶか。

中指につけて使いました。

本来の使い方とは違うと思いますが、親指にも無理やりつけて演奏してみました。(ピックの根本が痛い…)

うん、他より違和感なく弾ける!

中指もぶかぶか気味ですが、許容範囲でしょう!

音量もピックなしの時より出ています。

生演奏などで音量を出す必要が出てきたら、これがよさそうです。(そんな機会があったらいいのに…)

ちなみに、サムピックはこちら。

弦にあたる部分が狭い分、ぴーんとした、それでいて丸い音。

トイピアノに近い響きだなぁと思いました。

和音に使うとメロディーより目立ってしまいそうですが、単体では好きな音かもしれません。

③ Terry Gould

これも150円くらい。

鳥柄がかわいいのと、柔らかくてしなるので優しい音が出そうと思って買いました。

完全に素人判断ですw

きつすぎず、立ち上がりのいい音。

音量もよく出ています。

単音で弾く機会があれば、積極的に使っていきたいピックです。

おわりに

いろいろ試してみましたが、家で弾く分には指で十分だと思いました。

しかし、他の楽器と合わせたり、発表の機会があったりして音量が求められる時にはきっと助けになってくれることでしょう!

おにぎり型のピックは、楽器についてくると思うので試してみてくださいね♪

コメント