ラップハープとは?

ラップハープ

こんにちは。

さて、少しずつブログを進めていきたいと思います。

まだまだ見辛いところも多いと思いますが、よろしくお願いします。

ラップハープとの出会い

それは数ヶ月ほど前。

 Twitterを見ていると、たまたまタイムラインに見慣れない楽器の演奏動画が。

それまでは、名前すら知りませんでした。

知らない楽器だ!っと喰いついてみると、その涼やかな音色に惹かれました。

あと、この芸術的なフォルム!

くびれた台形に、サウンドホールのケルト調の模様がたまりません。

しばらく迷ったけど… 我が家にお迎えしました。

私が購入したのは、世界楽器てみる屋さんで購入した、TK O’Brien社のカスタム版。

お高めでしたが、一目惚れしてしまったものはしょうがない。

まだまだ知名度の低い楽器なので、ぽちぽち発信していきたいです。

ラップハープを販売しているお店は、こちらからご覧ください。

ラップハープってどんな楽器?

…というわけで、ラップハープとはどんな楽器なのか、簡単にまとめていきます!

①音域

弦は基本15本。

音域は、ソ(G)〜ソの2オクターブで、半音はなしです。

ト長調(G major)なので、ファ(F)には#がつきます

私の相棒はカスタム版なので、一番下にファ#(F#)の弦がついています。何かと和音とかでよく使うので、あると便利ですよ。

②こんな音がします

ラップハープの音階
F#(ファ#)+ソ(G)〜ソの2オクターブが鳴ります。

弦は鉄製です。

しゃーん…、とよく響く金属弦の音。

私は、チェンバロに似た音だなぁって思いました。クリスマスや民族調の曲に似合いそう。

他の楽器と比べると、音量は小さめ。

あまり大きな音が出せない環境でも、気軽に楽しむことができるでしょう。

音量が欲しかったら、ピックを使うとはっきりした音が出ます。

③半音はありません

半音(#や♭)がファ♯しかないので、調を変えたい時はその都度調律し直します。

転調する曲や途中で臨時記号のある曲は難しそうですね…。

音楽の経験がある方は、アレンジの腕の見せ所でしょうか?!

まとめ

…と、簡単に楽器の特徴を解説してみました。

次回は、面白い形をしているラップハープの楽譜についてお話できたらと思います。

どんな形か、お楽しみに!

コメント