ラベンダー畑を楽しもう!メナード青山リゾートのハーブガーデン

写真とお出かけ

2020年7月2日、三重県伊賀市青山高原にある、メナード青山リゾートハーブガーデンへ行ってきました!

連日の雨の中、奇跡的に晴れ間が見えた日でした。

混雑を避けて平日を狙いましたが、やや人は多めでしたね。土日はかなり混むようです…!

アクセスがなかなか難しい場所でしたが、とても綺麗だったので今日はここについてまとめていきます。

アクセス

名古屋方面からは、伊勢自動車道・久居ICを降りて、車で40分ほど。

大阪方面からは、名阪国道・上野東インターから40分ほどです。

電車を使う場合は送迎バスがあるらしいので、下のリンクから調べてみてくださいね。

無料定期送迎バスのご案内 〜メナード青山リゾート〜

ちなみに、名古屋方面からの場合、道中かなり細い山道がありました…!

冬場に訪れる場合は、車の装備をしっかりした方がいいでしょう。

コロナの影響が出ています!

2020年7月現在、コロナウイルスの影響で、変則営業や休止している施設もあるそうです。

ハーブガーデン内のカフェメニューも、いつもより減っているようです。

下のリンクに詳しくまとめられていたので、体験などを考えている方はチェックしてからお出かけくださいね。

観光三重

メナード青山リゾート|観光スポット|観光三重
◆臨時休業のお知らせ◆ (2021年10月3日更新) 平素はメナード青山リゾートをご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。 新型コロナウイルス感染症に罹患された皆様、及び感染拡大により影響を受けられている地域の皆様に、心よりお見舞いを申し上げます。 メナード青山リゾートでは、新型コロナウイルスの感染拡...

ラベンダーフェスタ中でした

2020年は6/13〜7/5までラベンダーフェスタが開催されていて、畑一面のラベンダーを見ることができました。

季節ごとにハーブフェスタがあります

次は、10月のセージフェスタですね。

暑さが落ち着いた頃に、またお出かけしてみたいものです。

ガーデンの様子

ハーブガーデンの全体マップ

リゾートの一角にあるハーブガーデンでは、ラベンダーだけでなく季節の花やハーブが出迎えてくれます。

一面のダイヤーズカモミール!

入り口でチケットを買っていると見えるのが、一面のカモミール!

花が黄色い品種があるのは初めて知りました…!(ダイヤーズカモミールというそうです)

もう季節が終わったものと思っていたので、ここで見れて嬉しくなりました!

もちろん、メインのラベンダーも負けてはいません。

手作りマスコットが佇むラベンダー畑
すらっとした感じが美しいラベンダー・オカムラサキ

他にも、色取り取りの花が競演します。

入り口近くの小さな花畑にもご注目。
色がかわいいポピー
ラベンダー…ではなくキャットミント
ガーデンの中央にある大きな木

奥には、ガーデンを見渡せる展望台が。

晴れていれば、セントレアも見えるそうです。

セントレアまで見渡せる展望台

写真映えなスイーツたち

ハーブガーデンに入ってすぐの建物にはカフェが併設されており、ラベンダーソフトクリームや、ラベンダーレモネードが味わえます。

ラベンダーとカモミールのミックスソフトクリーム!

ソフトクリームは、ラベンダーとカモミールの2種類があり、ミックスも選べました!

カモミール味は珍しいですね…!

ラベンダーはしっかりした風味が味わえて、カモミールはほんのり爽やかな林檎のような味が楽しめました。

この日は爽やかに晴れて汗ばんでいたので、絶景を見ながらのソフトクリームはたまりません…!

グラデーションが綺麗なラベンダーレモネード…!

一方、ラベンダーレモネードは思わず写真を撮りたくなる綺麗な色。

こちらも、ラベンダーが濃い!

甘さ控えめなので、ガムシロップをつけてもらえます。

私は、ガムシロップなしで美味しく飲み干してしまったので、普段紅茶などをストレートで飲まれている方はそのままいけるかも。

持って帰れるので、帰りに買って飲みながら帰るのもオススメです。

他にも、ラベミルクなども美味しそうでした…!

500円でラベンダー摘み取り体験!

一面に植わっているラベンダー、摘んでお家に持ち帰ることもできます!

一面に広がるラベンダー・濃紫の畑

畑のちょうど真ん中辺りに係の人がいるので、そこで受付をしましょう。

ハサミと持ち帰り時の新聞紙は用意してもらえますよ〜。

(新聞紙とハサミをフル装備してきた母が、ぽかーんとしていました 笑)

ラベンダー50本で500円。

ちょうど下の写真1束くらいの量です。

係の人から注意点やアドバイスを聞き、ハサミを借りたらスタートです!

聞いた話によると、ラベンダーを摘む時は、一番上の葉っぱの上か下を切るのが大切とのこと。

2番目の葉っぱより下を切ってしまうと、来年生えてこなくなるそうです。

ドキドキしながら摘んでいきます。

摘める種類は「オカムラサキ」と「濃紫(のうし)」の2つ。

ラベンダーにも種類があることを初めて知りました。2つとも特徴が違うので、見比べると面白いです!

2種類混ぜてお持ち帰りできるので、ぜひ見比べてみてくださいね〜。

摘めたら、もう一度係の人の所へ。

左が濃紫、右がオカムラサキ

オシャレな英字新聞にくるんで渡してくれますよ。

持ち帰った後は、生けるもよし、ドライフラワーやラベンダースティックをつくるもよし。

我が家は、麻ひもでつるしてスワッグとして楽しみつつ、ドライフラワーにする予定です。

ラベンダーのスワッグをDIYしました

お土産コーナーで苗も買えます

カフェの横にあるお店でラベンダー関連のグッズや、メナードのコスメが買えますが、各種ハーブの苗も買えます。

外のテラス下に並んでいるので、レジまで持っていきましょう。

私は、ラベンダーの濃紫という品種に一目惚れをしたので、大型の苗を買って帰りました。

お店ではあまり見ない品種で、茎が短くてかわいい花がつき、香りが強いタイプの子です。

今は枯れていますが、来年生えてくるのが楽しみです♪

お食事は計画的に…!

ランチは、ハーブガーデンから車で数分の所にある2カ所のホテルでいただけます。

…が、この日は片方のホテルが予約で一杯、もう1軒も50分待ちで、レストランでの食事は叶いませんでした…。

結局、ハーブガーデンへ戻ってカフェでカレーをいただきましたが、なかなかの観光地価格。(1200円くらいだったかな…?)

早いうちに予定が決まっている場合は、日帰りプランなどで予約をしておいた方がいいかもしれません。

道中、だいぶ手前でコンビニもあるので何か買っておくのも一つの手です。(名古屋方面からの場合)

まとめ

以上、メナード青山リゾートのハーブガーデンに行った時の様子のまとめでした。

数年前から行ってみたいと思っていた場所だったので、今回訪れることができてよかったです!

季節ごとのハーブフェスタもこれから楽しみなので、時期を変えてまた訪れたいものです。

道中は車で行く方が便利だと思いますが、もちろん公共交通機関や送迎バスを使ってのアクセスも可能です!

道中細い道もありますが、山の澄んだ空気と川のせせらぎを満喫できて、落ち着いて走ればいい場所だったなぁと思います。

リゾート内にコテージやホテルもあるので、時間があれば泊まりでのんびりするのもいいですね!

周辺には、赤目四十八滝や忍者屋敷、曽爾高原などの名所もあるので、泊まりでのお出かけならプランに入れてもいいかもしれません。

下に宿泊施設のリンクを貼っておきますね。

気になった方は、ぜひ一度足を運んでみてくださいね〜!

コメント