きらきら眼鏡


今日の本は、

森沢明夫さんの小説、 きらきら眼鏡

映画化、漫画化もされた作品らしいですね。

知らなかった…。

今回はファンタジー要素はなく、恋愛要素の強い作品だと思います。

でも、ドロドロした感じはないので、恋愛系が苦手な方も安心して読めると思いますよ!

あらすじ

サラリーマンの立川明海は愛猫を亡くし、途方に暮れていた。

そんな中、とある古本屋で一冊の自己啓発本を見つけるのだが、そこには一枚の女性の名刺が挟まっていた。

意を決して彼女にコンタクトを試みる明海だったが…。

感想

明海は、過去のいじめでトラウマを抱え、目立たないように、人の顔色を見る傾向のある男性です。

一方、きらきら眼鏡の発案者であるあかねも辛い事情を抱えています。

そして、落ち込む明海を励まそうとする同僚、弥生も明海に特別な思いがありそうな様子で…。

三角関係という文字が頭をよぎりましたが、最後まで安心して読めました。

むしろ、最後はすっきりした気持ちにさせてくれるお話です。

平凡な人生を過ごしてきた明海が、どうしたいのか決断して前に進む姿が描かれていて、勇気をもらえました。

人生、辛いこともあって簡単には立ち直れない時があるかもしれません。

それでも、日々の感動を素直にとらえていく”きらきら眼鏡”、かけてみたいと思いました。

コメント